はだてい

シミ、しわなどの肌や脱毛の悩みを解決する、女性のための美容サイト

コラム

ほうれい線撃退法!エクササイズ&ツボ押しマッサージの完全版

投稿日:

ほうれい線とは、鼻の両脇から口の両端にのびる線のこと。これが顔の中心にできると、一気に老けた印象になってしまいます。

ほうれい線は、勘違いされやすいですが、シワではなく「たるみによる溝のことを言います。

乾燥によってできた浅いほうれい線は、保湿ケアで消すことができますが、たるみが生じると厄介です。なかなか容易に消すことはできません。

今回は、ほうれい線の原因であるたるみの悪化を防ぐエクササイズとマッサージをご紹介します。

ていちゃん
エクササイズは、若ければ若いほど効果が出るのも早いので、気づいた時点で始めることをおすすめします!
また、ほうれい線に効くツボ押しマッサージも併せてご紹介しちゃいます。そこまで気にしていない方も予防になるので、ぜひ実践してみてください。

たるみは表情筋の衰えが原因!

顔には、表情筋という筋肉が存在しており、20歳を過ぎると徐々に衰え始めます。早い人だと20代後半で気づき始めます。その気づくきっかけになるのが、ほうれい線です。

表情筋って?

表情筋とは、その名のとおり表情を作る筋肉で、目・口・鼻を動かすために使われます。

身体の筋肉と同じで、表情筋も使わないとどんどん衰えてしまいます。表情筋が衰えると、頬がたるみほうれい線がくっきり浮き上がってきます。

たるみによるほうれい線は、悪化させないことがかなり重要。

ていちゃん
表情筋が衰えやすい生活習慣を送っていないかどうか確認しましょう。

表情筋が衰えやすい生活習慣チェック

  • 無表情のことが多い
  • 紫外線対策をしていない
  • 保湿ケアをしない
  • 姿勢が悪い

1つでも当てはまった方は、さらにたるみが悪化してしまう可能性があります。これ以上、たるみによるほうれい線が悪化しないようにするために、表情筋を鍛えることが得策です。

ほうれい線の原因について詳しい記事はこちら

たるんだほうれい線をなくす、効果的なエクササイズ

表情筋を鍛えるエクササイズはたくさんあります。その中でも、効果的なものをピックアップしてお届けします。

  • 身近なものを使った口元筋トレ
  • 顔全体の表情筋を動かす顔ヨガ
  • 口の内側からアプローチする顔面体操

上記の3つのジャンルをお伝えしていきます。

ていちゃん
美顔ローラーやpao(パオ)など、ほうれい線対策グッズは沢山ありますが、これから紹介するエクササイズは費用0円でできます!

身近なもので口元を筋トレ

割り箸を使った口角を上げる筋トレ

無表情のことが多いかも…そう思った方にぜひ行っていただきたい簡単なトレーニングです。

準備するものは、割り箸と鏡です。

手順

  1. 鏡の前で、割り箸を水平にくわえる。
  2. 口角が割り箸のラインよりも上になるように意識し、そのまま「い」の口で30秒ほどキープ。

※3回ほど繰り返して行ってください。

ペットボトルを使った表情筋の筋トレ

こちらも、2分程度でできる簡単なほうれい線に効く筋トレ法です。

準備するものは、ペットボトルのみ

手順

  1. 500mlのペットボトルに5分の1程度の水を入れます。
  2. 唇だけでペットボトルの口を加えて持ち上げ、10秒数えます。

※①②を3セット行ってください。慣れたら、水の量を増やしてください!

ていちゃん
身近なもので簡単に行えるので、ぜひ実践してみてください。いきなり、頬の筋肉を強化すると、疲れてしまうと思うので、最初は自分の状況に合わせて、無理のない程度に行ってくださいね。

 

顔ヨガ4つのポーズ【動画付き】

テレビなどで一躍有名になった顔ヨガ講師である間々田佳子さんですが、たるみや小顔になるための顔ヨガの提案をしています。

この記事では、間々田さんの顔ヨガの中から、ほうれい線に効果的なものを厳選して4つご紹介します。

できれば1ヶ月は継続して続けてみていただきたいです。

顔ヨガを行う際のポイント

顔ヨガは夜のスキンケア後か、朝の起床後に行ってください。

朝する場合は、起床後すぐに行うとむくみがとれます。メイク後は、化粧がよれてしまう可能性があるのでおすすめしません。

ていちゃん
筋肉を鍛えるということは応急処置的なものでなく、根本的な原因にアプローチすることになるので、効果が持続します。若顔に近づく大きな第一歩です!

 

顔全体の血流が良くなる「キングスマイル」

キングスマイルは、口角を上げる筋肉を鍛えることができます。

血流が良くなるので、ぱっと明るい印象に☆

 

「ひょっとこ口」で顔のむくみを改善

ひょっとこ口は、口まわりの筋肉を刺激し、口輪筋(口まわりの筋肉)からあごまでのたるみに効果的です。

また、口まわりの小ジワもできにくくなります。

顔がむくみにくくなります!

 

顔全体が引き上がる「こめかみストレッチ」

こめかみストレッチは、顔全体が上がったような仕上がりになります。顔のたるみに左右差がある場合や、片方だけほうれい線ができている方におすすめしたいストレッチです。

顔のたるみに左右差がある方は必見☆

十分に注意していただきたいのは、顔に手を当てる際に、引っ張りすぎないようにしてください。力を入れすぎると、逆効果になってしまいます。画像を見ながらゆっくり丁寧に行ってください。

 

アイロン並みにほうれい線を消す「ふぐの顔ストレッチ」

ふぐの顔のストレッチは、「ほうれい線のアイロンがけ」とも言われるほど、効果が早いです。

写真を撮る前にさっと行うと、写真写りが変わります!

ちなみに、口の中に空気を溜めた際に、思わず空気が漏れてしまった方は、口輪筋(口の周りの筋肉)が弱っている証拠です。空気が漏れてしまわないよう、意識して行ってみてください。口輪筋は意識して鍛えないと、衰える一方ですよ!

わたしは夜寝る前に定期的に行うようにしています。血流もよくなったせいか顔色もよくなりましたよ!

 

内側から表情筋にアプローチ!顔面体操

次に、口の内側から表情筋にアプローチする顔面体操のご紹介です。

まいうー体操

以前、テレビで紹介された「まいうー体操」をご存知ですか?タレントの麻木久仁子さんは、このまいうー体操を1ヶ月続けた結果、なんとほうれい線が薄くなったみたいです。

やり方は簡単です。

手順

  1. 「ま」は、口をできるだけ大きく開けて、顎を引いて発声します
  2. 「い」は頬の筋肉を意識して、口を横に開くイメージで発声します
  3. 「う」は、口まわりを意識して、思いきりタコ口で発声します

※①②③を10秒ずつ5セット行ってください

お風呂に入った時や、ちょっと時間が空いた時に行えるので、実践しやすいです。

 

ベロ回し(舌回し)体操

ベロ回し(舌回し)体操は、口輪筋を鍛える体操です。

「世界一受けたい授業」で紹介され、効果てきめんと噂になったエクササイズです。ほうれい線対策でお馴染みの宝田恭子さんやシルクさんも推奨しています。

やり方はとっても簡単。

手順

  1. 口の中で頬を押しながら、歯茎に沿うように、ゆっくりと舌を根元から右に一周させる(20回行う)
  2. ①が終わったら、逆に左回りを行います。こちらも20回行ってください。

※①②のセットを、1日3セット行います

ていちゃん
初めのうちは、鏡を見て行うことをおすすめします。最初は、頬の筋肉が疲れてしまったり、痛みを感じてしまったりするので、その場合は回数を分けて行ってください。

 

ツボ押しで筋肉をほぐして、ほうれい線撃退

ほうれい線に効くツボはココ!

ほうれい線を消すまでにはいたりませんが、顔にあるツボを刺激するだけで、顔のたるみを解消しやすくなります。むくみや血流にも効果的です。

ほうれい線に効くツボは3つあります。順番に、ツボの位置と効果をお伝えしていきますね。

巨りょう(こりょう)

頬の筋肉アップ

『笑いのツボ』とも言われるツボで、上唇を引き上げる頬の筋肉をアップし、ほうれい線を解消することができます。

▼ツボの場所
巨りょう(こりょう)は、黒目の中心から真下と、小鼻の脇から左右横に引いた線が交わる箇所に位置します。

下関(げかん)

顔のむくみをとる

顔の血行を促進し、代謝を上げて筋肉を引き締めてくれます。

▼ツボの位置
もみあげの前あたりのくぼんだ箇所。口を上げると骨が持ち上がってくぼみが出るところに位置しています。

地倉(ちそう)

口角をアップさせる

ほうれい線に一番近いツボで、ここを押すことで口角をアップさせます。また、顔のむくみに効果的です。

また胃の温度を下げるツボともいわれていて、胃の調子を整えてくれます。胃の調子がよくなることで、肌あれや口まわりの肌トラブルも起こりにくくなります。

▼ツボの位置
口角の外側、笑顔をつくったときに口角にできるくぼみに位置します。

さらに効果的!ツボ押しアイテム

顔のツボは、通常は指の腹を使って押すものですが、強く押したり、ひっかいてしまったり、こすってしまったりと、逆に肌に負担がかかってしまう場合が多いです。そのため、顔のツボを押すときは、身体と違って、かなりの注意が必要なのです。

そこで、綿棒を使ってツボ押しすることをおすすめします。

綿棒は余計な力が入らなくて済む上に、狭い面積にピンポイントで顔のツボを押すことができます

ていちゃん
気持ちがいいというところで止めてくださいね。お財布にも優しいのに、効果が増しますので、ぜひやってみてください。

 

リンパマッサージで血流を良くする

ほうれい線は、顔がむくみやすいとできやすくなります。

顔のむくみをとるのであれば、鎖骨下のリンパマッサージがおすすめ

鎖骨下のリンパを流すべき理由は、全身を流れるリンパの最終的な出口になる箇所だからです。

身体の中のリンパは左の鎖骨下から静脈と合流します。つまり、鎖骨下のリンパが滞ってしまうと、老廃物が上手く排出されないことになります。

鎖骨下のリンパをスムーズに流すことが、むくみをとる改善につながるのです。

リンパマッサージは、手で軽く押し流すイメージで行います。

ポイントは、中心から外側の一定方向に流すことです!

手順

①鎖骨の下のラインに沿って、指の腹で中心から外側に向かって押し流します

②次に、手をグ―の形にして、同じラインを中心から外側に向かって押し流します

※気持ちがいい程度に3回ずつ繰り返し行ってください。

ていちゃん
鎖骨がしっかりと浮き上がって見えることが、むくみがない流れのよい状態です!
くぼみが浅かったり、左右差がある場合は、鎖骨下のリンパを流してくださいね!

『かっさ』を使うのもおすすめ!

わたし自身は顔に直接かっさを使ってマッサージすることはしていませんが、鎖骨や首回りのマッサージには最適なアイテムです!

顔の場合は、かえって肌に負担がかかり、たるみの原因になってしまう場合があります。

かっさは、身体のリンパを流すアイテムとしては優秀です。

痛気持ちいい程度に鎖骨下のリンパマッサージを行ってみてください。

かっさを使う場合は、必ずクリームかオイルを使ってくださいね!

現在わたしが愛用している『プチプラかっさ』

コジット カッサリフトプレート
1,054円(税抜)

かっさの値段はピンキリで、いろいろ試しましたが、美容仲間の友人におすすめしてもらったAmazonのかっさは安いのに優れモノです。

 

エクササイズとマッサージで、頬をきゅっと引き上げましょう!

いろんなエクササイズやマッサージをご紹介して参りましたがいかがでしたか?

続けていけそうなものをチョイスして、最低1ヶ月は意識して続けてみてください。

エクササイズやマッサージをするのが苦手な方のために、ほうれい線に効くアイテム「美顔器」の記事も書いたので、もしよかったら参考にされてください。

 

一緒に読まれている記事

1

皆さんこんにちは!はだてい編集部の「てい」です♪ ふと鏡を見た時に、頬や目元にシミが増えてるとがっかりしたことありませんか? 私ももう30代…シミのケアにはかなりこだわってます。 皆さんにも効果的なシ ...

2

人間は老いというものからは逃れることができません。それは誰もが実感していることですよね。でも肌だけはその老いから逃れることができるとしたら。。。その方法を知りたいと誰もが思いますよね! そこでご紹介し ...

no image 3

皆さんこんにちは、初めましての方は初めまして!田所りんごです☆ 私には一人っ子の可愛すぎる!娘とステキな彼氏がいます♪ 二人のためにもキレイでいたい…と言う訳で、美容には興味津々! 日々色々な美容法を ...

-コラム

Copyright© はだてい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.