はだてい

シミ、しわなどの肌や脱毛の悩みを解決する、女性のための美容サイト

コラム

ヒト幹細胞培養液の副作用ってある?安全への配慮や危険な成分ではないか調査!

投稿日:

ヒト幹細胞培養液を使ったエステや化粧品は効果の面で美容業界で注目されていますね。

人間由来の成分ということで、副作用危険性を心配されている方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、再生医療やシワ・シミ・毛穴ケアといったエイジングスキンケア*、また育毛の分野でもおすすめされているヒト幹細胞培養液の安全性について紹介します。

*エイジングスキンケアとは、年齢に応じたスキンケアのこと。

この記事を書いたのは…

緒方えり

日本化粧品検定1級・美容ライター

1989年生まれ。 大学卒業後は、大手製薬会社の化粧品事業部で5年半勤務。化粧品検定1級を取得。現在はNYで、化粧品の豊富な知識を生かして化粧品関連の執筆や監修を行う。趣味は、アメリカの美容や健康に関する記事を読んで情報を収集すること。

ヒト幹細胞培養液とは?

ヒト幹細胞培養液とは

最近美容分野でも効果が高いと話題のヒト由来「幹細胞培養液」。

「幹細胞」はES細胞など、再生医療でも使用されています。

なお、エステ化粧品では、ヒト幹細胞の「培養液」が使われています。

その理由は後ほど説明します。

ちなみにヒト幹細胞培養液の化粧品成分名は「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」と表記されます。

さらに詳しく

ヒト幹細胞培養液の成分って危険なもの?

培養液の成分って危険なもの

先ほど、エステや化粧品ではヒト幹細胞「培養液」が使われていると紹介しました。

その理由をこれから紹介します。

1.幹細胞はそのまま使うリスクがあるので培養する

再生医療分野で注目されている幹細胞といえば、ES細胞やiPS細胞。

ただ、これらは受精卵を使用したり遺伝子操作を行うというもの。

画期的である一方、倫理的、遺伝子的な問題があるのも事実。

それが、人間の脂肪から取れる幹細胞(生体幹細胞)培養(増殖・育成)したものであれば、リスクを回避できるというわけです。

2.培養液は一般的な細胞よりも多く成分を分泌する

幹細胞は増殖する時に、「増殖するぞ!」というサインを出します。

そして、200種類以上のタンパク質成長因子増殖因子グロスファクター)を分泌します。

また、化粧品成分用に作られた培養液エキスには成長因子や増殖因子の他に、酵素SOD(抗酸化酵素)コラーゲンヒアルロン酸など、肌の活性化をサポートする成分が豊富に含まれています。

チェック!

ちなみに成長(増殖)因子とは、例えばコラーゲンなどの成分が不足した時に、「コラーゲンを増やせ」と情報を伝達するものとなります。

また同時に、細胞の中から新しいコラーゲンを再生し、さらなる成長(増殖)因子や、SOD(抗酸化酵素)を分泌するものです。

だからこそ、ヒト幹細ヒト幹細胞培養液化粧品は、今までの「補うケア」でなく、「再生して防衛するケア」として注目されているようです。

ヒト幹細胞培養液の副作用について

副作用について

ここまで、エステやスキンケアでは「ヒト幹細胞培養液」が使われていて、再生医療の分野とはまた少し異なることをお伝えしてきました。

ヒト幹細胞培養液(=ヒト脂肪細胞順化培養液エキス)」は医薬品や医薬部外品成分ではなく、化粧品成分

医薬品や医薬部外品には副作用のリスクがありますが、化粧品は基本的に副作用があるものではありません

そのため、ヒト幹細胞培養液化粧品が化粧品に使われる上では副作用の心配は基本的にありません

とはいえ、ヒト幹細胞培養液はこれまでの化粧品成分とは肌への働き方も異なるもの。

そこで、ヒト幹細胞培養液が安全に使用できるためにどんな取り組みが行われているかをこれからお伝えしていきたいと思います。

関連記事

ヒト幹細胞培養液の安全性のためにどんな配慮がされているの?

ヒト幹細胞培養液の安全性のためにどんな配慮がされている

ヒト幹細胞よりヒト幹細胞「培養液」の方が安心、安全であると考えられていることをお伝えしてきました。

では、安心、安全なヒト幹細胞培養液を作るために、どのような配慮があるのでしょうか。

工程面

ドナーについて

ヒト幹細胞培養液を作るためのドナーについて、医療・美容分野の専門家である宇山恵子氏の著書『細胞美人ー究極の美を手に入れる』によると、このように解説されています。

「厳格な適合検査を繰り返した健康なドナー(提供者)から採取した脂肪組織を遠心分離機や酵素反応させることで、幹細胞のみを採取」する
引用:宇山恵子『細胞美人ー究極の美を手に入れる』幻冬舎メディカルコンサルティング(2015)p.111

つまり、感染症やアレルギーのない健康的な状態であることを厳しくチェックした上で、ドナーから幹細胞の提供を受けているようですね。

工程

日本でヒト幹細胞培養液を出荷しているゼロメディック株式会社の公式サイトによると、何段階もの工程を経て出荷されている様子がわかります。

step
1
ドナー適合性検査

ウィルスや細菌による感染症もしくは持病が無いと証明されたドナーを選出

step
2
組織採取検査

幹細胞を外部汚染から遮断された医療機関にて採取

step
3
養施設環境管理

GMP基準の無菌を保持されているクリーンルームを使用

step
4
培養製造工程

幹細胞をGMP基準の環境にて培養

step
5
培養液安全性評価

医薬品試験実施適正基準(GLP)にて安全面をテスト

step
6
成分試験検査

品質管理基準ガイドラインを元に検査

エビデンスサイト

引用サイト名

ヒト幹細胞培養上清液について「ゼロメディック株式会社」公式HPより

GLP・GMP基準とは

GLP・GMP基準とは

ヒト幹細胞培養液の安全な製造過程を語る上で出てくるのがGLP基準GMP基準

どちらも医薬品を製造する過程で適応される基準で、本来化粧品を作る過程では必要とはされていません。

ただ、化粧品でも医薬品と同じ基準で作ることで、安全性が追求されているというわけです。

GLP(Good Laboratory Practice)基準
医薬品の安全性に関する非臨床試験の実施基準」のこと。
非臨床試験とは、「安全性試験(一般毒性試験・生殖発生毒性試験・遺伝毒性試験・局所刺激性試験・がん原性試験等)」・「安全性薬理試験」・「薬効薬理試験」・「薬物動態試験」のことです。
GMP(Good Manufacturing Practice)基準
医薬品の製造管理及び品質管理規則」のこと。
有効でかつ安全性の高い優良な品質の医薬品を製造する為に必要な製造所の構造設備や製造管理、及び品質管理の全般に渡って守るべき要件を定めたものです。

エビデンスサイト

引用サイト名

医薬品に関わる省令「臨床開発Navi〜新薬と転職〜」公式HPより

法律面

ヒト幹細胞培養液 法律

幹細胞培養液には細胞が含まれないため「再生医療等安全性確保法案」の枠組みの対象からは外れています。

「再生医療等安全性確保法案」の枠組み画像引用:https://www.mhlw.go.jp

ただ、全く基準がないわけではありません。

2014年の旧薬事法改正に伴って改訂された「生物由来原料基準」によって、これまで除外されていた「化粧品」が新たに規制対象となっています。

そのため、ヒト由来でもある「ヒト幹細胞培養液」の流通には日本の厚生労働省が定めた「生物由来原料基準」に従う必要があります。

「生物由来原料基準」に従う以外は、原料メーカーの自主的な安全基準によって安全性が追求されているというわけです。

その安全基準の一例が先ほど紹介したGLP基準やGMP基準です。

エビデンスサイト

引用サイト名

2016年3月号 月刊「健康と医療」に取材記事が掲載されました。「アンチエイジング株式会社」公式HPより
再生医療等の安全性の確保等に関する法律案及び薬事法等の一部を改正する法律案説明資料「厚生労働省」公式HPより
生物由来原料基準「厚生労働省」公式HPより

関連記事

ヒト幹細胞培養液のエステや化粧品を利用しないほうがいい人は?

ヒト幹細胞培養液のエステや化粧品を利用しないほうがいい人

ヒト幹細胞培養液は上記のように、メーカーの努力によって安心して使えるように作られていますが、もちろん全ての人の肌に合うとは言い切れません

以下にあてはまる場合は、利用を控えるか、二の腕での試用、または使用前にかかりつけ皮膚科に相談することをお勧めします。

過去にヒト幹細胞コスメを使って肌トラブルが出たことがある人

過去にヒト幹細胞コスメに入っているその他の成分で肌トラブルを経験した人

 例)エタノール、アロエ、ハトムギ(ヨクイニン)、パラベンなど

現在肌に皮膚炎などの疾患がある人

極度の敏感肌でほとんどの化粧品が肌に合わない人

同じメーカーの化粧品でも「美容液は肌に合うのにパックは合わない」、「エステ中は良くてもエステ後に症状が出る」といったケースも考えられますので肌トラブルを起こしやすい人は気をつけましょう。

ヒト幹細胞培養液のメリットとデメリットは?

ヒト幹細胞培養液のメリットとデメリット

上記の内容を踏まえた上で、ヒト幹細胞培養液のメリットとデメリットをまとめてみました。

ヒト幹細胞培養液のメリット

最先端の化粧品成分で年齢によるあらゆる悩みに対応できる
厳格な検査に合格したドナーから提供を受けたヒト幹細胞由来
ヒト幹細胞自体ではなく、より栄養豊富な「培養液」

ヒト幹細胞培養液のデメリット

今までの化粧品と性質が異なるが製造の安全基準はメーカー次第
比較的新しい成分のため、安全性に関する実績が比較的少ない
貴重な成分であるため比較的高価

ヒト幹細胞培養液は、最近認知度が上がってきているものなので、他の化粧品成分のように「●十年以上化粧品業界で広く使われてきたもので、トラブル等は報告されていない」というようなものではありません。

それでも医薬品と同じ基準で作られているものであれば比較的安心できるのではないかと思います。

ヒト幹細胞培養液化粧品を選ぶ時は、ドナーや製造過程が安心できる商品を選びましょう。

関連記事

ヒト幹細胞培養液のエステや化粧品の失敗しない選び方は?

ヒト幹細胞培養液のエステや化粧品の失敗しない選び方

安全で、安心できるヒト幹細胞培養液のエステや化粧品を選ぶために気をつけるべきこと。

ドナーや培養過程が信頼できる商品を選ぶ

成分表の「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」をチェック

中にはドナーや培養過程について紹介されていないヒト幹細胞培養液化粧品もあります。

また2016年3月号の医学誌、月刊『健康と医療』によると、厚生労働省が定めた「生物由来原料基準」などの関連法案を知らずに「ヒト幹細胞培養液」を取り扱っている業者もいるようです。

なるべく、ドナーや培養過程に透明性があるものを選びましょう。

また、いわゆるヒト幹細胞培養液の化粧品成分名は「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」。

ヒト幹細胞培養液化粧品は1万円以上の商品も多く、伊勢丹など有名百貨店で販売されているお化粧品と変わらないお値段です。

また、口コミランキングなどもチェックして失敗しないようにしましょう!

関連記事

まとめ

まとめ

最後に今回の内容をまとめたいと思います。

ポイント

ヒト幹細胞培養液には「幹細胞」自体は入っていない

ヒト幹細胞培養液は倫理的、遺伝子的問題をクリアしている

ヒト幹細胞培養液「化粧品」であれば基本的に副作用の心配はない

健康的なドナー、医薬品製造と同様の基準で作られているメーカーもある

ヒト幹細胞培養液は厚労省が定めた「生物由来原料基準」の対象

エステやスキンケアなどで、直接肌に使うものだからこそ、効果はもちろん、安全性も大事なポイントです。

今回、ヒト幹細胞培養液化粧品を選ぶ方法も紹介させていただきましたので、参考になれば嬉しいです。

関連記事

エビデンスサイト

『細胞美人-究極の美を手に入れるー』宇山恵子著/幻冬舎/2015年

ヒト幹細胞培養上清液について「ゼロメディック株式会社」公式HPより

医薬品に関わる省令「臨床開発Navi〜新薬と転職〜」公式HPより

2016年3月号 月刊「健康と医療」に取材記事が掲載されました。「アンチエイジング株式会社」公式HPより

再生医療等の安全性の確保等に関する法律案及び薬事法等の一部を改正する法律案説明資料「厚生労働省」公式HPより

生物由来原料基準「厚生労働省」公式HPより

一緒に読まれている記事

1

皆さんこんにちは!はだてい編集部の「てい」です♪ ふと鏡を見た時に、頬や目元にシミが増えてるとがっかりしたことありませんか? 私ももう30代…シミのケアにはかなりこだわってます。 皆さんにも効果的なシ ...

2

人間は老いというものからは逃れることができません。それは誰もが実感していることですよね。でも肌だけはその老いから逃れることができるとしたら。。。その方法を知りたいと誰もが思いますよね! そこでご紹介し ...

no image 3

皆さんこんにちは、初めましての方は初めまして!田所りんごです☆ 私には一人っ子の可愛すぎる!娘とステキな彼氏がいます♪ 二人のためにもキレイでいたい…と言う訳で、美容には興味津々! 日々色々な美容法を ...

-コラム

Copyright© はだてい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.