はだてい

適切な洗顔方法&肌トラブルを解決するサイト

洗顔

無添加洗顔石鹸の使用前に知っておくべき無添加のホント

更新日:

肌が乾燥しやすい、刺激に敏感になっている気がする、ニキビなどの肌トラブルがおきやすくなった…

そんな時、毎日のように使用する洗顔料も肌に優しいものに変えたくなる方もいるのではないでしょうか。

「肌に優しい洗顔料」として代表的な製品のひとつが無添加の洗顔石鹸。

実は、この「無添加」とされている製品の中には本当に無添加と呼べるのか怪しい製品があることをご存知ですか?

そこで、無添加洗顔石鹸を納得した上で選択・使用して頂けるように、洗顔石鹸における無添加の定義、肌に優しい洗顔石鹸を選択する目安、人気のある無添加洗顔石鹸などについて徹底解説します。

無添加と深い関わりのある界面活性剤

無添加の洗顔石鹸を理解する前に知っておきたいのが界面活性剤という洗浄成分です。

本来なら混ざりあうことのない異なる2つの物質を混ぜる働きがあります。

洗顔石鹸における界面活性剤の役割は水と油を混ぜ合わせることです。この働きにより肌や毛穴の汚れを浮かせて落とします。

界面活性剤には大きくわけると二種類あり、「化学合成で作られる界面活性剤」と動植物から抽出する「天然由来の界面活性剤」です。

化学合成と天然由来の二つの界面活性剤について確認してみましょう。

合成界面活性剤

合成界面活性剤とは、化学的に成分を合成させることによってつくられる界面活性剤です。

石油を加工したり、ヤシ油を中心とした植物油に還元剤を合成してつくられます。
勘違いされやすいのですが、合成界面活性剤の原材料は石油だけでなく、自然由来のものが使用されることもあるのです。

「合成=人の手が加えられている」ため、洗浄効果が高いものも少なくありませんが、その分、肌への刺激が強くなる場合もあります。

しかし、合成界面活性剤の研究が進められていることもあり、安全で刺激も抑えられた合成界面活性剤の開発、製品化も進められています。

また、大量に生産しやすいため、生産・流通コストが抑えやすい製品もあります。

合成界面活性剤の種類

成分(原材料)によって以下のように種類が細分化されることもあります。

■石油系
α-オレフィンスルフォン酸ナトリウムなど

■高級アルコール系
ラウリル硫酸ナトリウム、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸トリエタノールアミンなど

■脂肪酸エステル系
ショ糖脂肪酸エステルなど

■石鹸系
ラウリン酸ナトリウムなど

■アミノ酸系
アシルグルタミン酸、ラウロイルメチルアラニンナトリウム、ココイルメチルタウリンナトリウムなど

天然由来の界面活性剤

動物の脂質や植物成分など、自然界の中にある天然成分から作られる界面活性剤です。

アルカリ成分と煮ることで生成される場合が多いとされ、これは肌刺激の少ない界面活性剤をつくる方法のひとつでもあります。

洗顔石鹸にも洗浄成分である界面活性剤が含まれているものがほとんどです。

無添加と呼ばれる洗顔石鹸の場合、合成界面活性剤ではなく天然由来の界面活性剤が使用されているのが条件となります。

誤解しやすい植物性界面活性剤

植物性と聞くと「天然由来のもの」と思う方が多いのではないでしょうか。しかし、植物性界面活性剤は天然由来の界面活性剤とは限りません。

植物性界面活性剤の中には植物由来と石油由来の成分の両方を用いてひとつの界面活性剤をつくることもあります。
石油成分が入っているにもかかわらず、植物性界面活性剤と呼んでしまうこともあるのです。

また、石油系の界面活性剤でも原材料は植物油である場合もあります。

そのため、「石油系界面活性剤」や「植物系界面活性剤」という呼び名での分類では本当の天然由来の界面活性剤か判断がつきづらいのです。

無添加製品も本当の意味では無添加と呼べない場合も

無添加とされている製品は世の中に沢山あります。

しかし、製品の成分全てにおいて無添加なのか、ある一部の項目について無添加なのかは、使用者が判断しなくてはいけない場合も少なくありません。

パッケージやキャッチコピーに表示されている無添加表示の傾向について確認してみましょう。

表示指定成分無添加

2001年4月以降、洗顔石鹸を含む化粧品などは、製品に含まれる全成分名を表示することを義務化しました。

2001年3月以前は、がん・アレルギー・皮膚障害などをおこすおそれのある102の成分のみに表示義務がありました。

もともと表示義務のあった102の成分を「旧表示指定成分」と呼び、現在ではこれに香料を加えた103の成分を表示指定成分と呼んでいます。

表示指定成分は肌トラブルをおこすおそれがあるため、「表示指定成分は添加していない」ことを製品のセールスポイントにしているのです。

そして、一般的には表示指定成分を含んでいない製品を「無添加」と呼ぶ場合が多いとされています。

具体的な表示指定成分について、詳しくは関連記事をご覧ください。

関連記事:【表示指定成分】肌に注意すべき103種類の成分一覧

香料・色素無添加

香料は表示指定成分とされていますが、種類が実に豊富なため、肌トラブルをまねく危険性も大小さまざまです。

ただし、香料や色素はアレルギー症状をまねくおそれがあるため、注意した方がよい成分であることにかわりありません。

なお、「香料・色素無添加」と表記がされていても、香料や色素以外の合成添加物が含まれている場合はあります。

無添加の洗顔石鹸

無添加を求めたい場合に確認すべき成分

以下のような薬剤・成分が配合されていない製品は、「無添加」を求めるひとつの目安になります。

合成界面活性剤

化学的に合成された洗浄成分。洗浄力に期待がもてる一方で、肌への刺激も強い場合があります。

合成界面活性剤は、近年、新たにつくられた成分も少なくありません。新しい成分は使用の歴史が浅い分、安全性についても不明確である場合もあります。

キレート剤(金属イオン封鎖剤)

石鹸カスがでるのを防いだり、石鹸の形状を維持して粉化するのを防ぐなど、主に使用感を調整する役割を持ちます。

また、物質の酸化を防ぐ役割もあり、石鹸の形成においては非常な便利な成分です。

その一方でアレルギーを誘発するおそれがあるなど、肌への使用にはマイナス要素も。

さらに、同類の成分には表示指定成分にされているものもあります。

【キレート剤の成分名】
・エデト酸(EDTA)
・L-グルタミン酸二作酸
・L-アスパラギン酸二酢酸(ASDA) など

酸化防止剤

酸化防止剤は、製品自体が酸化される身代わりとなり、自らが酸化を吸収する作用があります。この働きにより製品劣化や悪臭の発生、肌刺激をおさえます。

保存のしやすさなど、製品の使いやすさに貢献する酸化防止剤ですが、場合によってはアレルギー反応や皮膚炎をおこすおそれがあります。

酸化防止剤にも合成成分と天然成分があり、天然成分の酸化防止剤のほうが比較的、肌に優しいとされています。

【酸化防止剤の成分名】
・ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)
・ブチルヒドロキシアニソール(BHA)
・没食子酸プロピル など

【天然成分の酸化防止剤】
・アスコルビン酸(ビタミンC)
・カテキン
・クロロゲン酸 など

防腐剤

防腐剤は、微生物や細菌が製品に侵入しても発育・増殖するのをおさえ、製品の腐敗や発酵を食い止めます。

微生物や細菌の繁殖をおさえるほどの成分ですから、肌にも刺激を与えるおそれがあります。

その他に、アレルギーをおこすなどの毒性が認められている防腐剤成分もあります。

【防腐剤の成分名】
・サリチル酸ナトリウム
・ジンクビリチオン
・安息香酸ナトリウム など

発泡剤

発泡剤は、泡立ちをよくするために添加されます。

キメの細かい泡を作ることは洗顔において大切なポイントです。しかし、泡だてを発泡剤に頼りすぎている製品は、それだけ肌刺激を強くするほか、肌乾燥を加速させたりします。

発泡剤が未配合・少量配合の場合でも、泡だてネットを使用することにより、洗顔に有効な泡をつくりだすことが可能です。

【発泡剤の成分名】
・ラウリル硫酸TEA
・セチル硫酸ナトリウム
・ラウリル硫酸ナトリウム など

香料・着色料(色素)

製品に色や香りをつけ、心地のよい使用を演出しますが、「香料・着色料無添加」と大々的に打ち出す商品もあるほど、添加物として歴史があります。

アレルギーなどの肌トラブルを引き起こすおそれがあるため、香料や着色料がおさえられている成分ほど肌へのリスクが抑えられるでしょう。

無添加洗顔石鹸を選択するメリット・デメリット

「肌に優しい」というイメージのある無添加ですが、具体的にはどうして肌に優しいのでしょうか。無添加洗顔を使用するメリットから紐解いていきましょう。

また、無添加洗顔石鹸はメリットだけではありません。あまり使用者の耳に届けられないデメリットも紹介します。

無添加洗顔石鹸を使用する3つのメリット

1、皮脂や皮脂膜の過剰な洗浄を避けられる

肌を健康に保つには適度な皮脂と皮脂膜が必要です。皮脂が適度に肌にとどまることで保湿効果や皮脂を過剰に生み出すことをおさえられます。

皮脂膜とは皮膚常在菌という、誰しもの肌の表面に存在する菌が作り出している膜です。保湿効果があり、有害成分や紫外線などから肌をまもる働きもあります。

合成界面活性剤などが配合されている洗浄力の強い洗顔料を使用すると、残しておきたい皮脂や皮脂膜まで落としてしまうことが少なくありません。特に皮脂膜は合成界面活性剤に弱く、簡単に洗い落とされてしまうのです。

無添加洗顔石鹸には基本的に合成界面活性剤などの強力な洗浄成分が含まれていないため、洗顔後も必要な皮脂や皮脂膜が残り、本来、人間の持つ自然な力で肌の健康維持に期待がもてます。

2、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを抱えてる方にも優しい

皮脂や皮脂膜が保たれるということは、その分、肌の水分蒸発も抑えられます。そのため、乾燥肌の方にも有効です。

また、皮脂や皮脂膜が不足すると肌のターンオーバーが乱れ、敏感肌になる傾向があります。

敏感肌の改善や予防においても無添加洗顔石鹸の使用は有効と言えるでしょう。

3、天然成分が肌に低刺激なだけでなく肌本来の力を引き出す

無添加の洗顔石鹸は、基本的に刺激を与えるおそれのあ化学合成による洗浄成分・保存料などが配合されていないため、肌に優しく低刺激です。

また、天然由来の無添加成分の中には肌への低刺激以外にも嬉しい効果をもたらしてくれるものも。

例えば、オリーブオイルを主成分とした無添加洗顔石鹸なら、肌荒れやかさつきを防止するビタミンA、シミを予防するポリフェノールなどの栄養成分が含まれています。

こうした天然成分が美肌を向上させるスキンケアにも期待ができるのです。

無添加洗顔石鹸を使用する4つのデメリット

1、保管や維持に手間がかかる

無添加洗顔石鹸は防腐剤や酸化防止剤が含まれていないため、不衛生な状況下で管理していると雑菌が付着・繁殖するおそれがでたり劣化も進みます。

また、添加物を含む洗顔石鹸に比べて、ぬるま湯などに触れると溶けやすい性質をもちます。

無添加洗顔石鹸の保管は水切りができる石鹸置きなどを使用し、直射日光を避けられて温度差が少ない風通しのよい場所での保管がよいとされています。

そのため、お風呂で使用したら、毎回、お風呂から出して保管するとよいでしょう。

2、価格が高い場合が多い

無添加洗顔石鹸は、化学合成成分を使用している洗顔石鹸よりも値段が若干、割高な場合があります。

理由として「原材料費がかかる」、「つくるのに時間がかかる」ことからくるコスト面が影響しています。

原材料は自然由来のもののため、生産量に左右されたり入手自体が困難な場合もあります。

製造においては手作り、または人の手による作業工程が入ることも多いため、それだけ時間も人件費もかかるのです。

しかしこれは、天然由来の美容成分を損なうことなく、丁寧に製品を製造するのに大切なことでもあるのです。

3、泡立ちがあまりよくない傾向も

無添加洗顔石鹸は発泡剤などが含まれていない分、添加されている洗顔石鹸・洗顔料と比べて泡立ちがよくないこともあります。

ただし、これは製品による場合もあり、使用に支障をきたすほど泡立ちが悪いわけではありません。

また、泡立ちに関しては泡立ちネットなどを使用することで解消されることも多いでしょう。

4、植物アレルギーの方は使用を控えたほうがよい場合も

無添加洗顔石鹸は天然由来の成分なので、その中には植物も含まれます。

植物に何かしらのアレルギーがある方は、使用することで肌がヒリヒリしたりアレルギー症状が現れることがります。

原材料を確認してから使用をするようにしてください。

洗顔石鹸の泡で洗顔をしている女性

おすすめ無添加洗顔石鹸2選!

近年、無添加の洗顔石鹸の数も増えてきています。選択肢が増えると選ぶ楽しみもありますが、その分、迷ってしまうという方も…

そこで、以下のようなポイントに注目して厳選したおすすめの無添加洗顔石鹸、2商品を紹介します。

厳選ポイント
①肌にリスクのある成分が含まれていない
②美容メディアなどで使用者による評価が高い
③コストパフォーマンスがよい

ミヨシ 無添加 洗顔せっけん

オレイン酸が豊富な牛脂とパーム核油を原料にしている洗顔石鹸です。

オレイン酸は、酸化しにくいという性質がありますが、最も注目すべきは本来、人間の肌に含まれている成分だということです。人間の肌と同じ成分ですから、肌に優しいというのも納得です。

また、パーム核油は石鹸の泡立ちを助けます。そのため、肌当たりがよく使用しやすい洗顔石鹸です。

製造は原料を大きな釜で焚きながら、アルカリ剤と反応させてつくる昔ながらの製法です。

添加剤を加えることなく、人の手をかけることで保湿成分も残しながらつくられる洗顔石鹸です。

ミヨシ 無添加 洗顔せっけん使用者による口コミ

牛脂・パームの配分が良いのか肌のうるおいを残したまま洗える石鹸素地のみのせっけんは、他にないです。

乾燥で顔がヒリヒリ、水のみでしか洗顔できなくなってしまいそんな時に見つけたのがこの洗顔せっけんです。朝・晩この石鹸で洗顔しても問題なく使えてす。
石鹸素地のみで、余計なものは全く含まずに肌にやさしいせっけんとして、考えぬかれ作られた「洗顔石鹸」だと思います。

引用元:ミヨシ 無添加 洗顔せっけん / この商品に対するお客様の声

今まで使っていた他社の石けんが、ネットで泡立てるとモッチリもこもこのきめ細かい泡だったので、比べてしまうと泡のきめ細かさや、もっちり感が負けてしまうのですが、洗い上がりはサッパリするけど洗いすぎる感じもなく、このお値段でこのお仕事してくれるならいいと思います!

泡立ちもよし。夜だけ使っていたら、一つで1ヶ月もつのでいいです!
ただ、つっぱりが少し気になります…
でも、無添加の石鹸の中では、私は結構好きです。

引用元:@cosme ミヨシ 無添加 洗顔せっけん 購入者のクチコミ

比較的、評判のよい口コミが多い印象をうけます。使用者の感想では、無添加洗顔石鹸の課題になりやすい、洗浄力や泡立ち不足といった問題もなさそうです。

洗い上がりも肌がつっぱるという方よりも「潤う」、「サッパリ」、「洗いすぎる感じはない」といった感想を持つ方が多い印象です。

ミヨシ 無添加 洗顔せっけんのコストパフォーマンス

「ミヨシ 無添加 洗顔せっけん」は、1箱で40gの洗顔石鹸が2つ、計80g入って価格は税込540円です。

一般的に100gの洗顔石鹸を毎日使用すると、1ヶ月程度で消費すると言われています。

使用可能期間を「ミヨシ 無添加 洗顔せっけん」に置き換えると約25日。1日あたりにかかる費用は21.6円です。

カウブランド 無添加洗顔せっけん

植物性のアミノ酸を洗浄成分とし、防腐剤、品質安定剤、鉱物油、着色料・香料など、アレルギーを引き起こすおそれのある成分を含まない無添加の洗顔石鹸です。

その他の成分には石鹸素地、グリセリンなどを含みますが、それらの素材にもこだわり、合成化合物ではなく、天然由来の成分を使用しています。

その結果、保湿力が向上し、乾燥肌などの肌トラブルを抱えがちな方にも使用しやすい洗顔石鹸になっています。

カウブランド 無添加洗顔せっけん使用者による口コミ

汚れがすっきり落ちるのに肌に優しい感じがした。つっぱらないし、顔がワントーン明るくなった。(20代・女性)

泡に厚みがあってモチモチしてて、洗ってる時に泡でマッサージしているようで気持ちよかった。顔の泡切れはよくすぐに洗い流せてすっきりでした。(30代・女性)

引用元:カウブランド 無添加フェイスケア 洗顔せっけん / お客様の声

超が付く敏感肌でほんの少しの変化でも肌荒れを起こしてしまい、今まで完璧に肌に合う洗顔料がなかったのですが、このカウブランドの無添加せっけんは初めて肌荒れを起こさず、ずっと使い続けています。

溶けやすくてすぐ小さくなる。肌は乾燥する。

洗った感じ突っ張る感じはやはりありますが私は気になりませんでした。

よくある感じの石鹸です。洗顔は問題なくできたし、洗いやすかったとは思います。香りが地味によかったですね。

引用元:@cosme カウブランド 無添加洗顔せっけん 購入者のクチコミ

使用者によっては多少、「つっぱる感じがある」という方もいますが、大部分の方が肌のつっぱりも気にならず、洗い上がりも「すっきり」という方が多いようです。

泡立ちもよく使用感もよいとのこと。ただ、「溶けやすい」と指摘している方もいるので、一度お風呂で使用したら自分がお風呂からあがる時に外に出すなど、保存はきちんとしないといけないかもしれません。

また、口コミからは肌トラブルをおこしやすい方も安心して使用されている様子が分かります。

洗顔石鹸のポテンシャルを生かす正しい洗顔方法

1、泡だてネットをぬるま湯で濡らし、洗顔石鹸を軽くもむようにこすりつけて泡だてます。

2、充分に泡がたったらネットから泡をとり、額・鼻・あごに泡を置きます。

3、顔全体を泡で包み込み、優しく、くるくると円を描くように洗います。頬は乾燥しやすいため、洗いすぎに注意です。

4、顔全体を洗い終えたらすすぎです。すすぎはぬるま湯でおこなってください。温度が高めのお湯ですすぐと乾燥の原因になります。

5、水を拭き取る時も肌をごしごしこすらず、押し当てるように水分を吸収することで肌への刺激を最小限におさえます。

6、水分を拭き取ったら化粧水や乳液などで潤いをとじこめます。

洗顔方法をアドバイスする女性

洗顔のポイント

ポイントは泡だてネットを使用することです。泡だてネットを使用することで、きめ細やかな泡を作り出すことができ、質のよい洗顔をしやすくなります。

身近な所ではネットショップ、ドラッグストア、100円ショップなどでも泡だてネットの購入が可能です。

そして、ごしごし洗いすぎないように注意しましょう。洗顔は汚れを落とすことが目的です。皮脂がたまりやすい部位は指の腹などにかける力を調整しながら優しく洗うようにしてください。

肌に刺激を与えすぎてしまうと肌トラブルに繋がります。正しい洗顔方法について詳しくは関連記事をご覧ください。

関連記事:洗顔方法の見直しを!正しい洗顔で潤ツヤ美肌を手にいれよう!

本当の無添加洗顔石鹸かどうかは表示されている成分に注目を

「無添加」と広告を打っていても、実際は「一部だけ無添加」であったり、石油由来の成分なのか天然由来の成分なのかは詳しく成分を見てみなくては判断がつかない無添加製品も沢山あります。

製品化されている洗顔石鹸は、肌に大きな被害を及ぼさないことが前提で販売されています。

しかし、アレルギーを持っている方や肌トラブルを抱えている方にとっては、肌に優しい洗顔石鹸を選べるかどうかは大きな問題です。

安心して洗顔石鹸を使用できるように、無添加製品を選ぶ参考になれば幸いです。

よく読まれている記事

1

皆さんこんにちは!はだてい編集部の「てい」です♪ ふと鏡を見た時に、頬や目元にシミが増えてるとがっかりしたことありませんか? 私ももう40代…シミのケアにはかなりこだわってます。 皆さんにも効果的なシ ...

2

人間は老いというものからは逃れることができません。それは誰もが実感していることですよね。でも肌だけはその老いから逃れることができるとしたら。。。その方法を知りたいと誰もが思いますよね! そこでご紹介し ...

3

こんにちは♪美容大好き!とことん調査隊のてぃちゃんです♪ 前回、今1番オススメしたい洗顔料ランキングをご紹介しましたが、もっとプチプラ洗顔料で良いのはないの?という声をいただいたので、今回はプチプラ洗 ...

no image 4

皆さんこんにちは、初めましての方は初めまして!田所りんごです☆ 私には一人っ子の可愛すぎる!娘とステキな彼氏がいます♪ 二人のためにもキレイでいたい…と言う訳で、美容には興味津々! 日々色々な美容法を ...

5

こんにちは♪美容大好き!とことん調査隊のてぃちゃんです♪ 今年に入ってからも新作美容グッズが続々と発売して、もう気になってクラクラしてます。 今年も気になる美容情報をどんどん調査していきたいなと思って ...

-洗顔
-, , , ,

Copyright© はだてい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.