はだてい

適切な洗顔方法&肌トラブルを解決するサイト

洗顔

洗顔方法の見直しを!正しい洗顔で潤ツヤ美肌を手にいれよう!

更新日:

洗顔方法の手順を解説しているイラスト

今までこんなことなかったのになんだかお肌の調子がよくならい、肌がワントーン暗くなった気がする、化粧品はいいものを使っているはずなのになんだかしっくりこない…

こんな時、原因は何だと考えますか?睡眠、食事、化粧品の質や相性…、あげていけばキリがありませんが、一度、洗顔に注目してみませんか?

朝、メイクをする肌の下地は就寝中に形成されますが、そのもう一歩前の段階で肌に影響を与えるのが洗顔です。

そして、間違った洗顔を長年続けることで肌に負担がかかり、そのために肌トラブルをまねいたり、肌本来の美しさを引き出せていない方が少なくないのです!

そこで、健康で美しい肌を手に入れていただくための「正しい洗顔方法」をご紹介します。

また、洗顔後のスキンケアや、多くの方が疑問を抱く洗顔に対する疑問についても解説します!

洗顔で絶対にやってはいけない7項目

自分の洗顔を見直すために、まずは洗顔の時にやってはいけない7項目について確認してみましょう。

①洗顔石鹸や洗顔料を泡だてずに使用している

石鹸や洗顔料を手のひらで伸ばしただけの状態で洗顔するのと、きめ細かい泡で洗顔するのとでは肌への摩擦が大きく異なります。

摩擦が大きいほど刺激も強いので肌に負担もかかります。また、これが原因で将来的に肌あれやシミになることも。

さらに、細かな泡のほうが毛穴や角質に入り込みやすい場合もあり、洗顔効率が向上します。

きめ細やかな泡を時間をかけずに簡単につくるには泡立てネットを使用するのが一番です。

手で泡だてるのは高度な場合が少なくないため、泡だてネットなどのアイテムを活用することをおすすめします。

泡だてネットを使用して簡単に泡ができている様子

②泡をたてる時の水が少なすぎる

質のよい泡をつくるには、適正量の水分を含ませる必要があります。

しかし、泡だてネットを使用するとあまりにも簡単に泡をつくることができてしまうため、適正な水分量を含ませる前に泡を仕上げてしまう方が多いのです。

水分量が少ない泡の気泡は、適正な水分量でつくった泡と比べるときめ細やかさが足りません。そのため、肌への摩擦をおこしやすくなります。

③熱めのお湯・冷水で洗顔している

熱めのお湯で洗顔やすすぎをすると、落とす必要のない皮脂や肌に潤いを保つ肌因子まで落としてしまいます。すると、肌の保湿効果が失われてしまいます。

冷水で洗顔すると、油分である皮脂やメイク汚れを固めてしまいます。そのため、汚れを落としずらくなり、質の高い洗顔ができなくなってしまいます。

また、冷水ですすぎをすると顔が引き締まるというイメージをもつ方もいるかもしれませんが、顔がひきしまるのは洗顔後、せいぜい30分程度です。

それどころか、冷水の刺激によって毛細血管が開き、赤ら顔の原因になります。

冷水による洗顔によって頬が赤くなってしまった様子

④洗う部位の順番を意識せずに洗顔している

泡をいきなり頬に乗せて顔全体を一気に洗っていませんか?洗顔は、皮脂の分泌が多い部分から洗顔するのが基本です。

理由は、皮脂分泌が多い部分はそれだけ丁寧に洗う必要があり、皮脂分泌が多い部分から洗うことで全体を一気に洗うよりも汚れを残しずらくなります。

また、皮脂が少ない部分に比べて皮脂が多い部分の方が泡を長くつけておいても肌が耐えやすいという一面もあります。

なお、洗顔していく部位の順番については「正しい洗顔方法」の項目で解説していきます。

⑤ゴシゴシこするように洗顔している

毛穴の黒ずみなど、汚れが目立つ部分は指に力を入れて洗顔したくなりますが、強くゴシゴシこすればでいいというものでもありません。

それどころか、肌に刺激を与える・傷つける・毛穴を広げる・肌乾燥をおこしやすくなるなどのリスクを負い、色素沈着の原因になるおそれもあります。

基本的には優しい力加減でこすり、皮膚が薄い目元や口元などは特に泡をクッションにすることを意識して洗顔するとよいでしょう。

⑥洗顔が短時間で雑か逆に時間をかけすぎている

ささっと洗顔するだけでは、1日の汚れを落としきれていない場合があります。特に皮脂の分泌が盛んな部位は丁寧な洗顔が求められます。

丁寧な洗顔をするのは大切なのですが、時間をかけすぎるのもよくありません。

洗顔に時間をかけてしまうことで、肌に負担がかかり、落とす必要のない皮脂や肌因子まで落ちてしまうおそれがあります。
それが原因で肌のつっぱりや刺激を感じやすくなったり、乾燥しやすくなります。

メイクのクレンジングを兼ねていない場合、すすぎをのぞく洗顔にかける時間は、1分30秒前後を目安にするとよいでしょう。

⑦すすぎの回数が少ない

すすぎ残しは毛穴のつまりやニキビがあらわれる原因になります。

また、肌にすすぎ残しがあることで、洗顔後につける化粧水などの浸透も悪くなるため、せっかく保湿ケアをおこなってもパフォーマンスを発揮しきれない場合も。

小鼻の脇、あご、目尻、フェイスラインなどは特にすすぎ残しが多い場所だとされているため注意してください。

なお、使用している洗顔石鹸や洗顔料によってすすぎの目安が異なります。

製品の説明書やパッケージにすすぎの目安が記載されているか確認してから使用するようにしてください。

正しい洗顔方法

洗顔でやってはいけない7項目を確認してみていかがでしたか?

「意外とNG行為が多い」、「自分もやっていた…」と思った方もいたのではないでしょうか。

次はいよいよ正しい洗顔方法についての解説です。正しい洗顔方法を覚えて健康で潤いのある美肌を手にいれましょう!

Step1:準備

雑菌がついた手で洗顔するとそれが顔にも移ります。そのため、まずは手を洗って清潔にします。

次に、泡をつける前にぬるま湯で顔を洗います。予洗いをおこなうことで皮脂などの汚れがより落ちやすくなり、場合によっては予洗いだけで落とせる汚れもあります。

また、洗顔成分が顔にのっている時間を無駄にかけないようにする働きも期待できます。

ぬるま湯の温度は人肌よりも少し低いぐらんど温度です。32〜35度を目安にしてください。

洗顔の前に手を清潔にするために手洗いをしている様子

Step2:泡だてネットを使用して泡をたてる

1、泡だてネットをぬるま湯でぬらします。

2、洗顔石鹸・洗顔料をネットにつけて泡だてます。

3、洗顔石鹸の場合は石鹸成分がネットと絡みはじめたらネットから外してかまいません。泡が立ちはじめたらぬるま湯を少し加え、ネットを揉み込むように泡だてます。

4、必要に応じてぬるま湯を少しずつ足し、泡が手のひらいっぱいになるぐらいまで泡だてます。

5、十分な泡ができたらその泡に数滴ぬるま湯を垂らし、空気を入れるように指で泡をかきまぜながら泡だてます。大きな泡を潰すよう泡立てるのがポイントです。

6、ホイップクリームのような泡ができたら完成です。

参考動画:正しい洗顔をするための泡のたてかた

Step3:泡を顔にのせて洗顔する

洗顔石鹸の手順についての解説

1、泡を皮脂の多い「おでこ・鼻(Tゾーン)、あご」にのせます。

2、鼻のわきから洗いはじめます。続いて鼻中隔、鼻の頭を洗ったら鼻筋をひたいへ向かって洗います。

3、ひたいは指で縦向きに洗う→横向きに洗う→円を描きながらくるくると全体的に洗います。丁寧に洗うことでシワなどにまで入り込んだ皮脂や汚れも落とせます。いずれもひたいの中心から外側へ向かうように洗ってください。(下記画像参照)

ひたいの洗顔の仕方についての解説図

4、次はあごです。あごを伸ばしながら毛穴まできちんと洗うことを意識してください。あごからフェイスラインに沿って、頬へ向かうように優しく洗います。

5、Tゾーンとあごを洗い終えたら頬、そして顔全体の洗顔です。頬も基本は顔の内側から外側へ向かって小さな円を描くようにくるくると優しく洗顔します。

6、目元や口元は皮膚が薄いため、泡をクッションのように使って洗顔することを特に意識してください。力を入れすぎてしまうと乾燥の原因になります。
普段、メイクをしている方はクレンジングの段階で丁寧にアイメイクを落とすことで洗顔にかける負担が軽減されます。

7、洗い残しの多い鼻まわりを最後にもう一度洗ったら完了です。

指に加える洗顔の力加減

洗顔のポイントは泡をクッションのように使って優しく洗うことです。ゴシゴシと洗わず、指が肌に触れるか触れないかぐらいの加減が理想的です。

Step4:すすぎ

すすぎは33〜35℃ぐらいのぬるま湯を使用します。ぬるま湯ですすぎをする理由は以下の通りです。

  • 熱めのお湯ですすぎをすると保湿などの働きがある肌因子を一緒に流してしまうおそれがある。
  • 冷たい水ですすぎをすると、皮脂汚れなどを固めるのと同時に毛穴が閉じてしまうため汚れを落としづらくなる。

すすぎも洗顔と同じで顔をこすりすぎないのが基本です。手のひらでお湯をすくってすすいでください。

すすぎ回数の目安は20〜30回程度です。しかし、使用している洗顔石鹸や洗顔料によっても違うので一概には言いきれません。

商品パッケージなどにすすぎの目安を記載している場合もあるので、使用前に確認をしてください。なお、顔にぬるつきがなくなるまですすぐのが基本です。

髪の生え際などは洗い残しの多い場所です。洗い残しがないように丁寧にすすいでください。すすぎ残しがあると肌トラブルの原因となります。

お風呂での洗顔すすぎでやりがちな2つのNG行為

お風呂で洗顔をする場合、シャワーですすぎをしやすい環境にあります。しかし、これには注意が必要です。

お風呂でシャワーを使用する場合、設定温度を40℃前後にしている方が多いのではないでしょうか。
洗顔のすすぎには若干設定温度が高いため、33〜35℃程度まで温度を下げてぬるま湯で使用してください。

また、この時にシャワーを直接顔にかけてすすぐのではなく、シャワーのぬるま湯を両手にためてすすぐか風呂桶などにためて手にとってすすいでください。

勢いのある水流を顔に直接かけると爽快感を得られるかもしれません。しかし、肌に刺激が加わったり保湿成分を流してしまうばかりか、たるみの原因にもなりかねません。

Step5:水分の拭き取り

洗顔後に顔を拭く際にタオルで肌をこするのは、肌が傷ついたり、乾燥しやすい状態をつくってしまいます。

洗顔後は、タオルで肌を優しく押し付けるように水気をとるようにしましょう。

また、ゴワゴワしたタオルの使用は肌を傷める原因にもなります。雑菌を停滞させないなど、衛生的な面においてもメリットがあるので、フェイスタオルは時期をみて定期的に交換するとよいでしょう。

洗顔後にタオルを押し当てるようにして水気を拭いている様子

洗顔後のスキンケア

洗顔によって肌の汚れは洗い落とされます。しかし、それと同時に肌表面にとどめておきたい肌因子や皮脂膜なども落ちてしまうのです。

これらは肌を保湿する上で重要な役割をはたすため、洗顔をしたことにより肌の水分がみるみるうちに蒸発してしまいます。
また、肌のバリア機能が低下していることから外部刺激もうけやすい状態になっています。

洗顔石鹸の中には、保湿成分が配合されている製品もありますが、それだけでは保湿が不十分な場合が少なくありません。そのため、洗顔後のスキンケアも重要なのです!

洗顔後のスキンケアで使用する4つ基礎化粧品

洗顔後に以下の4つの基礎化粧品を使用することで肌に潤いをあたえるなどのスキンケアを実現させます。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

化粧水→美容液→乳液→クリームの順番で使用します。

洗顔によって失われた水分を補い、補った水分を閉じ込めて保湿する。さらに油分を補うことで潤いを完全にフタをするイメージです。

水分と油分がバランスよく肌にとどまることで乾燥や過剰な皮脂分泌をおさえることができ、美しい肌形成を助けます。

洗顔後のケアについてさらに詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

関連記事:正しい洗顔後のケアで美容効果が急上昇?!

多くの方が気になっている洗顔の疑問4選

質問サイトで疑問の声が多くあがっていたり、洗顔石鹸の販売・レビューサイトなどで購入希望の方が抱きがちな疑問4点について解説をします!

Q1:夜に洗顔したのに朝も必要?1日何回洗顔するのがいい?

基本的には夜に洗顔したとしても朝もおこなった方がよいでしょう。

人間は寝ている間に汗をかき、同時に皮脂も分泌されます。皮脂の中には古くなると肌へダメージを与える成分に変化するものもあります。

一晩あれば、皮脂が変化するのに十分な時間です。翌朝、古くなった皮脂を落とすことで健康な肌をキープできます。

また、古い皮脂が停滞していると日中に浴びるおそれのある紫外線で酸化が進み、肌トラブルをおこしやすくなります。

そのため1日2回、朝と夜に洗顔するのが理想的であるとされています。

洗顔は多すぎると肌にとどめておきたい肌因子を落としてしまいますし、少なすぎても皮脂や汚れが溜まってしまうため肌トラブルの原因になってしまいます。

基本的には朝の洗顔も洗顔石鹸や洗顔料を使用する

基本的には朝の洗顔も洗顔石鹸や洗顔料を使用します。理由は皮脂などの油はそれなりに強力なため、ぬるま湯だけでは落としづらいからです。

ただし、「1日を過ごしたあとの夜洗顔」と「一晩寝たあとの朝洗顔」の肌状態とでは汚れに差があることも事実です。

朝に使用する洗顔石鹸や洗顔料は、夜に使用する物よりも洗浄成分は劣っても肌に低刺激なものを選ぶなど、使い分けをするのも肌のためには有効です。

Q2:乾燥肌・敏感肌でも普通の肌質の方と同じ洗顔をして大丈夫?

どの肌タイプの方でも基本的に洗顔方法は同じです。ただし、洗顔にかける時間や洗顔回数、洗顔後のケアは肌質によって変える必要があります。

乾燥肌・敏感肌

乾燥肌、敏感肌、またはアトピーの方は1日1回、夜だけの洗顔でもかまいません。

洗顔をすることでヒリヒリしたりかゆみをともなったり、乾燥を悪化させてしまう場合もあるからです。洗顔石鹸もなるべく無添加で肌刺激が少ない製品を選択することをおすすめします。

また、洗顔後は化粧水やクリームなどでケアをし、水分と油分両方の十分な保湿がかかせない肌質です。

肌の脂っぽさが気にならない、肌の刺激を強く感じる時はぬるま湯の洗顔だけでいい場合もあるでしょう。

関連記事:無添加洗顔石鹸の使用前に知っておくべき無添加のホント

オイリー肌

てかりが気になるようなオイリー肌の方は朝と夜の1日2回、どちらも通常通りの丁寧な洗顔をするとよいでしょう。

洗顔石鹸も朝・夜とも同じ物を使用して問題ありません。皮脂の量が多いからといってごしごし洗顔しないように注意してください。

また、肌は乾燥をしている・油分が足りないと感じると余計に皮脂を分泌します。「ただでさえ脂っぽくなるから…」と敬遠せず、化粧水だけでなく乳液やクリームなど、油分のケアもしてみましょう。

肌に「油分が足りている」と認識させることで皮脂の分泌をおさえられる場合もあります。

混合肌

混合肌の方はTゾーンやあごなどの皮脂が多い部分は通常通り丁寧に洗い、乾燥を感じる部分はさっと洗うことを意識するとよいでしょう。

洗顔後、乾燥しがちな部分は化粧水やクリームを使用し、十分なスキンケアが必要です。

皮脂が過剰な部分と必要な部分のバランスが難しい肌質ですが、洗顔の泡が肌に乗っている時間の調整や洗顔後のケアに気をくばることで肌トラブルを未然に防ぎやすくなります。

Q3:ニキビや肌トラブルがある時の洗顔はどうしたらいい?

ニキビや肌トラブルをかかえている場合も上記で紹介した「正しい洗顔方法」を実践すれば問題ありません。

モコモコのきめ細かい泡をつくり、肌に触れるか触れないかぐらいの力加減で優しく洗顔してください。

ごしごし力を入れて洗顔してしまったり、ニキビなどのトラブル部分には不必要に触れないよう気をつけてください。

Q4:女性と男性では洗顔方法に違いがある?

一般的に女性よりも男性のほうが皮脂の分泌が盛んだとされています。そのため、肌をごしごしこすって洗顔をしたくなる男性もいると思います。

しかし、女性も男性も洗顔方法に違いはなく、肌に優しい正しい洗顔をすることで肌の健康は保たれます。

「男性専用の洗顔料」が広く出まわっていますが、皮脂分泌の多い男性のために、女性専用のものと比べて洗浄力が強めに設計されています。

一般的な傾向はあるものの、男性でも乾燥肌の方もいますし、女性でもオイリー肌の方もいます。

自分の肌質にあった洗顔石鹸や洗顔料を選択することで肌トラブルの少ない健康な肌の維持につながるでしょう。

疑問に思っていたことが解決した!

間違った洗顔を続けることでおこる肌トラブル

間違った洗顔を続けているとさまざまなトラブルがあらわれます。

今はまだトラブルがなくても将来的にあらわれるおそれもあるので今から正しい洗顔方法に改めて対策していきましょう!

間違った洗顔を続けることであらわれる肌トラブルには下記のようなものがあります。

毛穴が目立つようになる

ゴシゴシと顔を磨いたり、いたずらに時間をかける洗顔は皮脂や保湿成分などを落とすことにつながります。

そのため、皮膚の防衛機能が働き、皮脂腺が不足した皮脂を出そうと働きます。

皮脂腺が育つと「脂っぽい肌質になる→毛穴が盛り上がる→毛穴が目立つ」という悪循環におちいります。

肌が乾燥しやすくなる

間違った洗顔は肌の水分を保つ働きのある皮脂膜を落としがちです。そのため、肌乾燥をおこしやすくなります。

ニキビなどの肌トラブル・シミやくすみができやすくなる

ゴシゴシ洗うような肌に刺激の強い洗顔を続けると当然肌も傷ついたりカサつきます。

傷ついた肌に洗浄成分などが入り込むと炎症をおこしたり角質が生まれ変わる肌のターンオーバーを遅らせます。そのため、肌トラブルやニキビなどがおこる原因になります。

また、肌は刺激を受けることで自己防衛と引き換えに、しみやくすみの原因となるメラニン色素をつくりだします。

これが将来的に肌のしみやくすみとなってあらわれるおそれがあります。

長い目でみた美肌づくりに正しい洗顔は必要不可欠!

もし、今から数年先、年齢を重ねてからも美しい肌でいたいと思ったらそのための対策が必要です。

有効成分が豊富に入ったスキンケア製品を使用するのもひとつの手段ですが、その有効成分をきちんと肌に浸透させるには肌自体を整えることが大切です。

美しい肌づくりにはしっかりとした土台が必要であり、その土台づくりとして有効な手段のひとつが洗顔です。

正しい洗顔をすることで潤いやツヤのある肌を手に入れるだけでなく、その美しい肌を持続をさせることができたら…、数年後、「正しい洗顔」に見直した自分をきっと褒めてあげたくなるのではないでしょうか。

よく読まれている記事

1

皆さんこんにちは!はだてい編集部の「てい」です♪ ふと鏡を見た時に、頬や目元にシミが増えてるとがっかりしたことありませんか? 私ももう40代…シミのケアにはかなりこだわってます。 皆さんにも効果的なシ ...

2

人間は老いというものからは逃れることができません。それは誰もが実感していることですよね。でも肌だけはその老いから逃れることができるとしたら。。。その方法を知りたいと誰もが思いますよね! そこでご紹介し ...

3

こんにちは♪美容大好き!とことん調査隊のてぃちゃんです♪ 前回、今1番オススメしたい洗顔料ランキングをご紹介しましたが、もっとプチプラ洗顔料で良いのはないの?という声をいただいたので、今回はプチプラ洗 ...

no image 4

皆さんこんにちは、初めましての方は初めまして!田所りんごです☆ 私には一人っ子の可愛すぎる!娘とステキな彼氏がいます♪ 二人のためにもキレイでいたい…と言う訳で、美容には興味津々! 日々色々な美容法を ...

5

こんにちは♪美容大好き!とことん調査隊のてぃちゃんです♪ 今年に入ってからも新作美容グッズが続々と発売して、もう気になってクラクラしてます。 今年も気になる美容情報をどんどん調査していきたいなと思って ...

-洗顔
-, , , , ,

Copyright© はだてい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.