はだてい

適切な洗顔方法&肌トラブルを解決するサイト

洗顔

洗顔石鹸の使い方は大丈夫?正しい洗顔の仕方を解説

更新日:

普段、何気なくおこなっている洗顔。

毎日しっかり洗顔しているつもりなのに、できものができてしまうなどの肌トラブルがおこってしまったという経験のある方もいるのではないでしょうか?

そんな時は、洗顔石鹸の使い方や洗顔の仕方に改善の余地のある場合があります。

そこで今回は、洗顔石鹸の使い方や正しい洗顔について解説していきます。

洗顔石鹸を正しく使用した洗顔方法

洗顔石鹸を使用した洗顔方法をポイントと合わせて解説していきます。

1、髪が顔や額にかからないようにまとめる

髪の長い方などは、ヘアバンドなどを使用して顔や額に髪がかからないようにするのが大切です。

髪がかかってしまっていると、生え際などが洗いにくくなったり、すすぎ残しがでたりして肌トラブルの原因となります。

2、顔を一度ぬるま湯で素洗いする

洗顔石鹸で顔を洗う前に、一度、ぬるま湯で顔を洗って湿らせます。

一度、湿らせておくことで洗顔石鹸の肌刺激をやわらげたり、あらかじめ落とせる汚れは水洗いで落とすことで、洗顔石鹸がより効果的に働きます。

この時、注意するのが水洗いに使用する水の温度です。水の温度が高くても低すぎても肌への刺激になるため、人肌程度のぬるま湯が最も適した温度といえます。

3、泡だてネットを使用して洗顔石鹸を泡立てる

洗顔石鹸は泡だてて使用することで、効果を発揮しやすくなります。

細かい泡は毛穴や肌細胞に入り込みやすくなり、丁寧な洗顔に繋がります。

また、洗顔石鹸を泡だてずに肌をこするのと、泡と共に肌をこするのでは肌に与える皮膚刺激が大きく変わります。

4、泡を手のひらで優しく撫でるように洗う

泡を手のひらや指にとり、優しく撫でるよう洗います。

Tゾーン、頬、顎周辺などを洗ってから口元や目など、皮膚の薄い部位を洗います。

泡をつけた洗顔にかける時間は2分程度が目安です。

あまり長時間、洗顔石鹸を顔につけるのは肌の刺激になるおそれがあります。

5、顔についた泡を洗い流す

熱すぎず、冷たすぎない適温のお湯で泡を洗い流します。

洗い残しがあると肌トラブルになるおそれがあるので丁寧に洗い流すようにしてください。

また、この時に手で顔をゴシゴシし過ぎずないことも大切です。

6、顔についた水分をタオルで拭き取る

綺麗なタオルを顔に押し当てるイメージで水分を拭き取ります。

この時もゴシゴシと拭き取ってしまうと肌への刺激になるため注意してください。

その後、必要に応じて化粧水や美容液などを使用し、肌ケアをおこなってください。

おわりに

普段おこなっている洗顔と比べていかがでしたか。

洗顔石鹸の泡だて、使用するお湯の温度、洗顔にかける指や手の力加減など、見直せる部分がある方もいたのではないでしょうか。

洗顔石鹸の使い方や、洗顔を正しくおこなうことで、肌トラブルを防ぎ、よりよいスキンケアができるといいですね。

よく読まれている記事

1

皆さんこんにちは!はだてい編集部の「てい」です♪ ふと鏡を見た時に、頬や目元にシミが増えてるとがっかりしたことありませんか? 私ももう40代…シミのケアにはかなりこだわってます。 皆さんにも効果的なシ ...

2

人間は老いというものからは逃れることができません。それは誰もが実感していることですよね。でも肌だけはその老いから逃れることができるとしたら。。。その方法を知りたいと誰もが思いますよね! そこでご紹介し ...

3

こんにちは♪美容大好き!とことん調査隊のてぃちゃんです♪ 前回、今1番オススメしたい洗顔料ランキングをご紹介しましたが、もっとプチプラ洗顔料で良いのはないの?という声をいただいたので、今回はプチプラ洗 ...

no image 4

皆さんこんにちは、初めましての方は初めまして!田所りんごです☆ 私には一人っ子の可愛すぎる!娘とステキな彼氏がいます♪ 二人のためにもキレイでいたい…と言う訳で、美容には興味津々! 日々色々な美容法を ...

5

こんにちは♪美容大好き!とことん調査隊のてぃちゃんです♪ 今年に入ってからも新作美容グッズが続々と発売して、もう気になってクラクラしてます。 今年も気になる美容情報をどんどん調査していきたいなと思って ...

-洗顔

Copyright© はだてい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.